20200514 UPLAN 奈須りえ「誰のための低空飛行か~羽田離発着旅客機の都心低空飛行問題と東京都政」

チャンネル名: 
登壇: 

【オルタナティブな日本をめざして(第44回)】
羽田空港の国際便増便に向けた対策として、これまでの東京湾側からの離発着ではなく、都心上空を低い高度で飛ぶ危険なルートが導入されることになりました。しかも騒音低減対策として空港直前で急降下する危険極まりない飛び方をして着陸してくるというのです。それだけではなく、猛烈な騒音や落下物の危険性も伴いつつ、わずか数分の間に1機、また1機と、休む暇なく飛来するというのですからたまったものではありません。この住民無視・地域無視の低空飛行問題について、今回はこの問題に詳しい奈須りえさんに説明をしていただきます。また、この問題は、そもそも住民・都民を守らなくてはならない役回りの東京都政や区政にも大きな問題があるようですので、今夏の都知事選挙へ向け、東京都政の諸問題とも併せて解説をしていただきます。ふるってご参加ください(なお、最初の1時間弱で主催者側より事務連絡とレクチャーを予定しています)。
※当日は、「3密」(密閉、密集、密接)防止のため「入室制限」(予約15名様まで)を行い、換気や消毒も行って予定通り開催ということにいたしました。体調のよくない方はご参加をご遠慮ください。