渡辺輝人弁護士に対して京都弁護士会に懲戒請求書を提出します。

チャンネル名: 
登壇: 

懲戒請求書
令和2年7月28日
京都弁護士会会長 殿

懲戒請求者
東京都葛飾区西新小岩一丁目3番4号513号室
立花 孝志
昭和42年8月15日生まれ
携帯080-2508-9347
FAX03-6551-0403

対象弁護士

(住  所)〒604-0857 
京都市中京区烏丸通二条上ル蒔絵屋町280
番地ヤサカ烏丸御所南ビル4階
(氏名)  渡辺 輝人
(法律事務所) 京都第一法律事務所
(登録番号)  33158
(TEL) 075-211-4411

懲戒請求の趣旨

対象弁護士の懲戒の処分を請求する。

懲戒を求める事由

1 当事者
  懲戒請求者はNHKから国民を守る党の党首であり、平成2年7月5日投票日の東京都知事選挙(以下「本件選挙」という。)に立候補したものです。一方、対象弁護士は、ツイッターの書き込みによって懲戒請求者の名誉を傷つけ、もって懲戒請求者の本件選挙を妨害した者です。

2 ツイッターへの書き込みが事実ではない事
  対象弁護士は、令和2年6月18日に自身のツイッターアカウントから次のように書き込みをしました。
  【3連続ポスターは立花が編み出した脱法行為なのですが、私が注目するのは「ホリエモン新党公認」が3人いること。首長選挙で公認候補は一人しか出せないはず(以前、選管に確認したらそう言っていた。)その場合2名は選挙ポスターに事実ではない記載をしたことにならないだろうか。要確認と思います。】(以下「本件ツイート」という。)

3 弁護士が自ら要確認と認識しておきながら確認をせず、間違った法律解釈で公職の候補者である懲戒請求者の選挙を妨害した事は弁護士職務基本規程の第5条違反となる
  弁護士職務基本規程の第5条は『弁護士は、真実を尊重し、信義に従い、誠実かつ公正に職務を行うものとする。』と規定しています。対象弁護士は、「立花が編み出した脱法行為」という表現で懲戒請求者のイメージを悪くさせたうえ「首長選挙で公認候補は一人しか出せないはず」という弁護士とは思えない間違った法律解釈を展開し懲戒請求者の選挙を妨害しました。そして、懲戒請求者が対象弁護士へ抗議の書き込みをしたところ、対象弁護士は本件ツイートを削除しましたが、なぜ本件ツイートをしたのか或いはなぜ本件ツイートを削除したのかを明らかにしていません。また懲戒請求者への説明や謝罪も一切ありません。かかる対象弁護士の行為は、弁護士職務基本規程の第5条に抵触する行為であり、弁護士法56条1項に定める品位を失うべき非行に当たる。
  よって、懲戒処分を求める次第である。

添付資料
甲第1号証 本件ツイートの写真   4通
以 上

今年9月6日告示13日投票の大阪府【和泉市】議会議員選挙があります。
この選挙は久しぶりにガチで当選狙っている選挙なので、立花孝志もガンガン応援に入ります。
多田ひとみ という26歳が立候補予定です。
英語ペラペラの大卒の賢い女性です。
NHKから国民を守る党 党首&ホリエモン新党 代表
元国会議員ユーチューバー立花孝志のチャンネルです。
★NHKが反社会的勢力と連携して特殊詐欺をしている証拠記事→
NHK集金で得た個人情報使って窃盗、元社長に有罪判決

https://www.asahi.com/articles/ASN2G5F96N2GOIPE01D.html
懲役3年執行猶予5年

NHK受信料の集金業務を委託されていた会社から契約者情報が漏れて悪用された事件で、契約者情報を共犯者に伝え、キャッシュカードを盗むなどしたとして窃盗罪に問われた元社長の藤井亮佑被告(29)の判決が14日、名古屋地裁であった。岩田澄江裁判官は懲役3年執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 判決によると、藤井被告は知人の大浦悟被告(21)=同罪で公判中=と共謀し、名古屋市や愛知県春日井市の70~80代の女性3人からキャッシュカード計4枚を窃取。うち3枚を使ってコンビニエンスストアのATMで計249万9千円を引き出した。

 公判で、藤井被告はNHKの受信契約者の中から高齢女性の氏名や住所、金融機関名といった情報を大浦被告に提供していたことが明らかになった。それらの情報を元に、大浦被告が警察官になりすまして被害者方へ行き、キャッシュカードを盗んだとされる。

 岩田裁判官は「犯行は被告の情報提供がなければ生じ得なかった」と指摘。「契約者の信頼を裏切り、委託された業務でのみ使用を許された個人情報を犯罪に利用した」と批判した。一方で、被害者と示談していることなどを挙げ、執行猶予付きの判決とした。

    ◇

 NHKは判決後、「委託先における個人情報の適切な管理について、指導・監督を一層徹底してまいります」とコメントした。

★関連記事
NHKの契約者名簿を基に高齢者からキャッシュカードを盗み、現金を引き出したとして、窃盗罪に問われた愛知県長久手市の無職、大浦悟被告(21)の初公判が20懲役3年執行猶予5年日、名古屋地裁(西沢恵理裁判官)で開かれ、大浦被告は「間違いない」と起訴内容を認めた。
大浦被告と共謀したとして、受信料の集金業務を受託していた会社の社長、藤井亮佑被告(29)も同罪に問われ公判中。
検察側は冒頭陳述で、昨年9月上旬ごろから特殊詐欺の「受け子」として活動していた大浦被告は報酬が少ないと感じ、同月中旬、知人の藤井被告に契約者の情報入手を持ち掛けたほか、窃盗の実行行為も担ったと指摘した。弁護側は争わない姿勢を示した。
起訴状によると、2人は共謀、警察官を装った大浦被告が昨年9月、名古屋市や同県春日井市の70~80代の女性3人の自宅を訪ね、カード計4枚を盗み、現金計約250万円を引き出したとしている。
★現在NHKから国民を守る党には37名【国会議員2名・地方議員35名】の現職議員が在籍しております。
★NHKから裁判されないためには玄関先にNHK撃退シールを貼ることを強くお勧めします。
★NHK撃退シールご希望の方は、
あなたの郵便番号・ご住所・お電話番号・お名前と書いたメールをタイトル【シール希望】として
tachibanakumi0112@hotmail.co.jp
まで送信して下さい。
または、こちらまで→https://www.nhkkara.jp/

★立花孝志の活動は、みなさまからの【視聴料】によって支えられています。みなさまからの心のこもった【視聴料】を頂ければ幸いです。【政治家への寄付ではなく、このユーチュブの視聴料として立花孝志が社長の会社へお支払いして頂くものです。】
ユーチューブ番組(動画)視聴料の振込先
1.ゆうちょ銀行 記号14070 番号8448861
2.三菱UFJ銀行 堺支店 普通預金 0091679
3.三井住友銀行 浜寺支店 普通預金 1523308
名義はいずれも、立花孝志ひとり放送局株式会社です。

★切手や収入印紙や商品券などの差し入れも大歓迎です。下記住所に送って下さい。
〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩一丁目1-1-401
トラスト新小岩 

★私は、NHK職員を19年4ヶ月してましたが、14年前に週刊文春でNHKの不正経理を内部告発して退職【内部告発が原因で実質上のクビ】になりました。
2015年4月 船橋議会議員選挙で当選
2016年7月 船橋市議会議員を辞めて、東京都知事選挙に立候補、NHKの政見放送で【NHKをぶっこわす!】と9回訴えました。
2017年11月 葛飾区議会議員に当選
2019年5月 葛飾区議会議員を辞めて、大阪府堺市長選挙に立候補
2019年7月の参議院選挙【全国比例】で当選。
2019年10月参議院議員を失職【参議院選挙出馬により】
ご相談はメールではなく電話でお願い致します。
受信料不払いに関する相談センター 03-3696-0750【代表】朝10時から深夜11時まで毎日営業しています。
ツイッター https://twitter.com/tachibanat
フェイスブック 立花孝志 https://www.facebook.com/takashi.tach...
★NHKから国民を守る党のホームページ
http://www.nhkkara.jp/
★ブログ https://profile.ameba.jp/me
NHKからの請求書が来なくなる方法【N国党】→
https://asanagi.co.jp/img/top/nhk.pdf